京都でリスティング広告の運用代行なら。ホームページ制作やネット集客、アクセスアップのお手伝い。

運用代行によるメリット

リスティング広告をアウトソースして、成果と時間を獲得!!

Web担当者の業務は多岐に渡る

Web担当者の業務は多岐に渡る

それなりの規模の企業で、Web関連業務を複数人で担当している会社であれば別ですが、中小企業などはWebの効果を理解しているけれども、人的リソースをWebの業務に割り当てるのは難しいのが現状だと思います。
中には他の業務と兼任していて自社サイトの更新のみに追われている担当者様や、Web上でやりたい施策があっても中々手をつけられないWeb担当者様などを多く見受けます。

現在企業のWeb担当者の業務は多岐に渡ります。Webサイトの管理(更新やメンテナンス)や、企業ブログの記事作成、最近では『twitter』『Facebook』などのソーシャルメディアの管理など。
特にユーザーとの接点を深めるソーシャルメディアの運用は、企業のWeb担当者様にしかできない最も重要な仕事となりつつあります。

簡単に始めることができ、一定の効果が得られてしまうリスティング広告に、あまり力を注げないのは必然とも言えます。

リスティング広告が自社で簡単に始められる為に、費用だけが増えてしまって費用対効果が合わない中小企業様が増えています。

リスティング広告の効果を最大限にする為には

リスティング広告をノウハウや戦略なく運営してしまうと、高い広告費を払うことになります。参入する企業も多い現在、ありきたりのキーワードとそれなりの広告文を設定している様では、成果も上がらず参入企業が増えるに連れて費用対効果が悪くなるのは当然です。

競合に負けない広告を打ち出す為には運営ノウハウが必要で、費用対効果をあげる為には手間のかかる作業が必要です。

リスティング広告は継続的なPDCAが重要

リスティング広告は手間がかかる

リスティング広告はPDCAのサイクルで、広告の品質維持キーワードのメンテナンス(精査)、コンバージョンに応じた入札管理などを継続的に行うことにより、よりよい広告効果を得ることが可能となります。メンテナンスの作業内容はキーワードの追加や除外、広告文の最適化、地域ターゲティングの設定など様々です。

成果が測れる広告の特性を活かし、データを分析しより良い改善をし続けることがリスティング広告で成果を上げる方法です。

リスティング広告は、ノウハウがあればある意味機械的なテクニックで運用することが可能な『作業』となります。リスティング広告の運用を代理店にアウトソースすることで、Web担当者様が重要な作業に時間を割く為の『時間』が作れます。

企業ごとにリスティング広告の運用は異なる

企業ごとに運用が異なるリスティング広告

もちろん一定の運用手法はありますが、企業様によって様々なWebサイトを運営していて、商品(やサービス)の強みや弱みが違う以上、企業様固有の運用方法が存在するはずです。

いかにその企業の強みをキーワードや広告に投影し、弱みを除外するか。当社はこれこそがリスティング広告の費用対効果を上げる一番のポイントだと考えます。

当社では、専門知識と運用経験を兼ね揃えたスタッフによる、ノウハウをフル活用した費用対効果の高いリスティング広告運用が可能です。

リスティング広告をアウトソースすることにより、Web担当者様が重要な施策に時間を割くことが可能です。

リスティング運用代行プラン詳細はこちら

  • エントリープラン
  • ライトプラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン

>> リスティング運用代行プラン料金一覧はこちら

リスティング広告運用代行のお問合せ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 京都インデックス All Rights Reserved.